イラン核合意とイラン経済

イランの経済の鍵を握る核合意

米国大統領のトランプ氏がイラン核合意を破棄するかの重要な決定を5月12日に行うとして、注目が集まっています。彼は大統領の椅子に着いた時から、イラン核合意が米国の国益にとって不当な取引であると強調し、核合意からの離脱を強調しています。

イラン核合意の中身とは

イラン核合意は、イランと欧州各国の間に締結された合意で、イランが核開発を凍結して査察を受け入れる代わりに、欧米がイランにかけている経済制裁を緩和するというものです。

つまりこの合意が破棄されれば、どのような形であれ、イラン経済にダメージが与えられることになります。実際に核合意破棄の流れが濃厚になった現在、原油取引の停滞を予想して、NY原油がここ最近の高値で取引されていることがニュースになっています。日本経済新聞:NY原油、70ドル突破3年5カ月ぶり

政治に敏感な為替の動き

アメリカが核合意の破棄をちらつかせることによって、一番大きく変化しているのがイランの法定通貨であるリアルの大幅な下落です。

半年前には1$あたり47,000リアルで取引されていたのに対し、現在は市内の交換所では現在70,000リアルで取引されているとの情報が出されています。

Iran currency the Rial trading as low as 70,000 to the dollar today ahead of expected Trump nixing of nuclear deal, despite Rouhani assurances this morning that nothing will change if US exits JCPOA and Iran ready for anything Washington does.:Bozorou Daragani

 

これをうけて、4月にイラン政府は公定レート1$=42,000リアル以外での全ての取引を禁止する旨を発表しました。イランの銀行ではこのドルを交換してはいますが、市内の銀行は殆ど開店休業状態です。

外国人に対しては影で交換してくれるようです。また、イラン人には一定額以上の外貨の所持も禁じているようで、とうとう混乱が目に見えてきています。

現在僕の目から見た状況は上の引用とまではいきませんが、今日ドルを交換した結果、1$=62,000リアルでの交換でした。

イラン国内への影響

核合意破棄への揺さぶりでこれだけ為替が変化していることからも分かる通り、一応米国が破棄に動くことは明白ではありますが、5月12日のトランプ大統領の裁定の後は、リアルの下落が予想されています。

それに伴い、物価も上昇するでしょうし、政府への人々の不満も高まるでしょう。

通信規制

前回(昨年12月)のデモを反省してか、当局は、人々の不満の対応に躍起になっています。それの一つが、一段と強くなった通信規制です。

もともと検閲がある国であること、また、
イランでTelegramが非常に広く使われているアプリケーションであることは以前に述べました。しかしながら、最近このTelegramが当局によって規制されてしまい、VPNを使わないと使用できない状態になっていました。

また、Telegramは最近ロシアでもその機密性が逆に問題になり「テロリストの温床」という口実のもとに規制されました。

そのため、検閲を回避しようとVPNへのアクセスが集中し繋がりにくくなっています。

さらに、他のLineといったようなコミュニケーションのアプリケーションも繋がりにくい状態が続いています。

イランでTelegramと同様広く使われているアプリケーションである、Instagramも近々規制されると噂されています。(すでに速度は遅くなっているようです。)

物価高

イランの輸出製品で最も大きな位置を占めるのは石油製品ですが、それの取引が困難になることにより、国自体の収益が減り、また家畜用の飼料を輸入に頼っているために鶏卵、肉といった食料品が高騰することが予想されます。

意外にもイランは石油産業に次いで、豊富な土地を生かした農業も盛んな国であり、食料自給率も高い国です。おそらく、野菜などの食料品の値上げの幅は鶏卵や肉に比べて少ないものになると予想されます。

昨年末の反政府デモの発端もイラン北東部の主要都市マシュハドでの物価高に対するデモである言われていますが、この時は、鳥インフルエンザがイラン国内で猛威を振るい、卵製品全般が値上がりして、スーパーからも姿を消す異常事態でした。

なんとも言えないこの先

核合意は2010年代前半から交渉して2015年に合意にこぎつけたものです。当時は合意による経済の活性化への期待からか、その頃にはまだ市井の人々には希望が見えたように思えます。

しかしながら、現在その合意からアメリカが離脱することにより、経済が混乱しようことは予想することはできますが、具体的にどのようなことがこの先起こっていくかはわかりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です