Profile

大学に入り、初めて旅して見た中東。

キリスト教ベースの某私立大学に通い、大学の変な寮に入ったり、活動に打ち込んだりもするも、心のどこかに引っかかるのはやはり、学部一年生の時に異国の地で出会った人たちの面影だった。駅で途方にくれる自分に、日本とは全く物価も異なるのに昼食を奢ってくれた大学生の家族、電車で同室になり自分の家族について語ってくれた母子家庭のお母さん、国境越えの時にに初めて見る異国に感嘆の声をあげるクルドのひと。

そんな体験から時が経ち、紆余曲折あって、大学を休学することに決め、諦めきれずに語学を学ぶためイランへと発ったある学生です。